日本大学駅伝 NIHON UNIVERSITY EKIDEN

日本大学駅伝 Nドット NIHON UNIVERSITY EKIDEN 日本大学駅伝
箱根駅伝
 
日本大学駅伝トピックス一覧へ
About Hakone Ekiden ~箱根駅伝について~
 
【第93回箱根駅伝大会の見どころ!聞きどころ】

主催 関東学生陸上競技連盟KRC
期日2017年1月2日(月)午前8時 大手町読売新聞社前スタート
1月3日(火)午前8時 箱根町スタート

 第93回となった東京箱根間往復大学駅伝競走は今回大会より4区が20.9kmとなり従来より2.4km長くなり、5区は2.4km短くなり往路の区間距離が変更になった。従来の5区重視から4区が新しい勝負ポイントとなりそうです。

(往路) 2017年1月2日(月)107.5km
読売新聞社前(東京都大手町)

芦ノ湖駐車場入口(神奈川県箱根町)
(復路) 2017年1月3日(火)109.6km
芦ノ湖駐車場入口(神奈川県箱根町)

読売新聞社前(東京都大手町)
第1区  21.3km 第6区  20.8km
第2区  23.1km 第7区  21.3km
第3区  21.4km 第8区  21.4km
第4区  20.9km  第9区  23.1km
第5区  20.8km 第10区 23.0km
往復   217.1km
最高記録
往路107.5km= 5時間23分58秒 青山学院大学第91回大会
復路109.6km= 5時間25分29秒 青山学院大学第91回大会
総合217.1km=10時間49分27秒 青山学院大学第91回大会

About Hakone Ekiden ~箱根駅伝について~
①箱根駅伝の優勝とは

1.総合優勝 2.往路優勝 3.復路優勝の三つがあります。
 【日大総合優勝12回・往路優勝13回・復路優勝13回】
総合・往路・復路の優勝を表彰する三賞制度が出来たのは第43回大会( 優勝 日本大学)で、完全優勝とは往路・復路共優勝のことをいいます。

②選手変更

選手として登録できるのは16人以内。内訳は各区の正選手10人と控え選手(補欠)6人。2003年の第79回から現在の人数に変更された。選手の本大会、予選会のエントリーは4度まで。留学生は2人以内で、出走するのは1人に制限されている。各選手とも走行は1区間に限定され、例え余力があっても別の区間を走ったり往路、復路の2つの区間を走ることはできない。なお、選手の変更は往復路(1月2日、3日)ともに午前6時50分までなら正選手と補欠選手の入れ替えが可能。ただし、区間変更は認められない。変更は往復路を通じて4人まで。年齢制限の規定は現在、設けられていないが、1992年の第68回まで27歳以下とされていた。そのため、87年大会の4年時に28歳だった駒大・大八木弘明(現監督)は出場できなかった。

③途中棄権

競技者が故障などで走行困難となった場合は、本人に続行意思があったても、競技運営委員、走路管理員、監督またはコーチの三者合意により競技中止となる。なお、状態を確認したり、安全を確保するために一時的に監督らが選手の体に触れても、失格とはならない。途中棄権となった場合は、その前区間までの記録は公式に認め、次区間からはオープン参加。繰り上げスタートで走行は許されるが、区間成績は認められない。

④同タイムの順位決定

繰り上げスタートが採用されているため、見た目の着順が正しい順位とならないケースがある。集計の結果、合計タイムが同タイムとなった場合、区間最上位選手の成績で決める。例えば一昨年の大会で同タイムだった日体大は6区で4位、拓大は1、5区の8位が最高だったため、日体大が15位、拓大が16位となった。なお最終的に優劣がつかない場合は同順位として扱われ、複数チームが10位だった場合は、当該チームすべてに次回大会のシード権が与えられる。

⑤繰り上げスタート

各区で先頭の走者が通過後、往路の鶴見、戸塚中継所は10分、それ以外の中継所は20分遅れたチームは前走者が到着しなくても次走者がスタートする。復路は1位から10分以内のチームは時差出発で、それ以降のチーム10分後に同時スタートとなる。繰り上げスタートとなったチームは大会本部が用意した“仮のタスキ”を使用し、往路最終区の5区と復路最終区10区においては、各校が事前に連盟に提出したチームのタスキを使用する。

⑥給 水

1区と6区はなし。5区は7.1㌔,15.8㌔の2度。そのほかの区間は10㌔、15㌔(9区は14.4㌔)の2度可能。給水は主催者が用意する水・スポーツドリンクを使用し、チーム関係者が手渡しする。任意の地点で運営管理車に同乗している監督が、下車して行う給水は91回大会から禁止になった。

⑦表 彰

02年の第78回以降、入賞は総合10位までとなった。入賞の場合、次回大会のシード権が与えられ、賞状とトロフィーが授与される。総合優勝チームには賞状、優勝カップ、金メダル、優勝旗など、準優勝と3位チームには賞状、カップ、メダルが贈られる。また、各区の区間1位の選手には「区間賞」として賞状とトロフィーが、04年80回からは最優秀選手に「金栗四三杯」が授与されている。

⑧金栗賞とは

個人選手を表彰するMVPは箱根駅伝創始者の一人であり、日本マラソン界の父と言われる金栗四三師(熊本県出身・教師)の功績を讃え、金栗賞として第80回大会に創設された。

Hakone Ekiden
箱根駅伝について
エントリー
出場校一覧
応援ポイント案内
第93回箱根駅伝応援の会組織表
メディカル
第93回箱根駅伝観戦ガイド(印刷可)
第92回箱根駅伝観戦ガイド
箱根の伝説(P2-3)
箱根の伝説(P2-3)
スタッフ紹介(P6)
スタッフ紹介(P6)
コース案内(P13-16)
コース案内(P13-16)
第93回箱根駅伝ポスター(印刷可)
第93回箱根駅伝ポスター
日本大学
日本大学スポーツ振興特別委員会
日本大学校友会
日本大学iクラブ